読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【JR東日本30周年記念パス】都内から休日を使ってSL銀河に乗ろう!

JR東日本では発足30周年を記念して、3日間普通列車に乗り放題というすごくお得なきっぷ「JR東日本30周年記念パス」を発売します。

今回は「JR東日本30周年記念パス」の概要と、この切符の具体的な利用方法として「東京発」で「週末」に大人気の「SL」に乗りに行くプランも紹介します。

 

 JR東日本30周年記念パスの概要

JR東日本全線とIGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道、北越急行の全線の普通列車に3日間乗り放題になるこのフリーきっぷ。特急料金を別途支払うと新幹線や特急列車も利用できます。ここで注意したのが、利用できる期間が11日間と短いということ。

利用期間

2017年7月21日(金)〜2017年7月31日(月)のうち連続する3日間が乗り降り自由。

発売期間・場所

2017年6月21日(水)〜2017年7月26日(水)

JR東日本のみどりの窓口や指定席券売機、各旅行会社など。

価格

大人が13,000円小児が3,000円です。

注意ポイント

北海道新幹線の新青森-新函館北斗の間、北陸新幹線の上越妙高-金沢の間、東海道新幹線はこの切符では利用できません。乗車券と新幹線特急券を通常料金で購入することになります。

引用元:http://www.jreast.co.jp/press/2016/20170301.pdf

東京発、週末にSL銀河に乗りに行こう!

ここでは「JR東日本30周年記念パス」を利用して、「都内発」「週末に」という条件で「大人気のSL」に乗りに行くプランを紹介します。

SL銀河(岩手県)に都内発2泊3日

岩手県の花巻駅から釜石駅を走る「SL銀河」。途中には河童伝説が残る遠野駅にも止まります。岩手県出身の宮沢賢治の童話の世界感を味わえる人気列車です。

SL銀河の客車は大正から昭和の世界観。1号車の車内ではなんとプラネタリウムを楽しむこともできます。宮沢賢治のギャラリーが車内にあるので、楽しめることがたくさんあります。

引用元:のってたのしい列車 ポータル>SL銀河:JR東日本

そんなSL銀河。ここからは「金曜日の仕事終わり」に「東京駅」から出発するプランを紹介します。

金曜日
  • 東京駅17:56発 東北新幹線はやて115号に乗って新花巻駅に20:41着。
  • 岩手県・花巻市内に宿泊。
土曜日
  • 花巻駅10:37発 SL銀河に乗車!
  • 釜石駅に15:07着。震災からの復興を目指している釜石市内には「ミッフィーカフェ」があります。途中の遠野で降りて観光するのもオススメ!
  • 岩手県・釜石市内に宿泊。
日曜日
  • 釜石駅10:55発 SL銀河に乗車!
  • 新花巻駅に15:09着。駅でお土産を買いましょう。
  • 新花巻駅16:19発 東北新幹線はやぶさ106号に乗って東京駅に18:56着
交通費

お父さんとお母さん、小学生の息子の3人で行った場合の交通費はこちら。

  • JR東日本30周年記念パス 29,000円(大人一名13,000円)
  • 新幹線特急料金 行き 13,700円(大人一名5,480円)
  • SL銀河の往復の指定席料金 4,100円(大人一名820円)
  • 新幹線特急料金 帰り 14,730円(大人一名5,890円)
  • 大人二名と小児一名の交通費の合計 61,530円

正確な金額は駅の窓口で確かめていただきますようお願いします。

まとめ

今回は「JR東日本30周年記念パス」の概要と、この切符を利用したプランをご紹介しました。

フリーエリアが広いこの切符。是非、3日間をフルに使って様々な場所に出かけてみてください。